BACK HOME  NEXT

この時期を乗り越えるため、知っていればラクだろうと思われるポイントをいくつか紹介します。
必要な部分だけ読んでください。

☆あなた自身がコントロールできるものは何もありません

コントロールを手放す事、今までの古い価値観を捨てる事。これを今、学んでいます。
驚きと興奮の連続で、疲労する事が多いでしょう。

 

☆取捨選択

すべてを受けとめるのではなく、自分に良いものを選びます。
「その意見はちょっと・・・」と思えば、「そういう考えの人もいるのだな」と
右から左に流せばいいのです。「これは納得できる」と思えば、そこだけ大事にします。

例えば、友人があなたを心配して説教したとしましょう。その説教は受け流します。
心配してくれた事だけを受け止めて、喜びます。

 

☆自分の感覚を信じてみましょう

「何をやってるんだろう???」と思いつつ、何かをした事がないですか?
むなしさを感じない限り、やってみましょう。そういうものにこそ意味があります。
こう思う事もあるかもしれません。「自分は狂ったんじゃないだろうか?」
いえ、大丈夫です。
他の人には必要のない事でも、あなたには必要な事なんです。

 

☆最優先は自分自身

他人を愛するように自分を、自分を愛するように他人を愛する。
自分か他人かではなく、両方にいい手段を取るにはどうしたらいいのか。
その最善の方法を取っていきましょう。わからなくなったら、自分が最優先です。

例えば、疲れているのにムリして家族に食事を作る・・・のをやめ、
「疲れたから寝る」と寝てしまいましょう。
そして、好きな時間に起きてみましょう。

 

☆流れに乗る

「流れにまかせる」とは違います。流れに『乗って』ください。
最初は急流で、ボートにしがみつくのが精一杯だったかもしれません。
それでいいのです。ただ、流れに乗っていてください。
緩やかな時は緩やかに、凪の時は凪の時。流れに合わせるのです。
動く時は動き、休む時は休みましょう。
凪の日が数週間も続くかもしれません。その流れに乗るのです。
数週間の凪の日を乗り切るなんて、そんじょそこらの人にはムリ。
チャレンジの価値は充分ですよね。

 

☆新しい事をしてみましょう

いつもと違う事をして、違う自分を発見してみましょう。
着たことのない服、食べた事のないもの、した事がない事、読んだ事のない本、
行った事のない場所、いつもと違うペースで過ごしてみる。。。
「やっぱりつまらない」「やっぱり嫌いだ」と思った出来事は決して失敗ではありません。
自分自身を改めて再認識できた証。一歩前進したのです。おめでとう!祝杯をあげましょう。

年齢を重ねた人だと、こう思う事があるかもしれません。
「いい歳してこんな事もできないなんて!」
「いい歳してこんなつまらないミスをするなんて!」
新しい事に挑戦して、いきなりうまくできるはずがありません。
目的は『完璧にこなす事』ではなく、『新しい自分の発見』です。

 

☆助けを求める相手は、重々選びましょう

特殊な時期にあるあなたは、傷つきやすく前向きに考えられない傾向にあります。
多くの助けが必要ですが、選択が重要です。
無意識に守護者達の声を聞き取っていますから、理性に従うよりは
「なんとなく」という感性で動いてみましょう。失敗はありません。
たとえ、あなたから見て嫌な結果に終わったとしても、必ず進展があります。

 

☆すべてが順調です

こんなに大変な時期に、何度も危機がやってくるかもしれません。
すべての出来事に意味があります。そこからあなたが何を学び取るかが大事です。
「これはこういう事なんだろうな」
わからなくても間違っていても、まったくかまいません。
学び取るまで、チャンスは何度でもやってきます。
「なんでこうイヤな事が続くんだ?!」
視点を変えてみてください。
大丈夫。常に守護者たちが一緒です。
逃げれば追って来ます。向き合ってみましょう。

 

☆泣いても笑っても同じ時間

「自由にしていいよ」と1時間が与えられたとしましょう。何をしますか?
仕事?家事?オロオロする?不安?泣きわめく?怒鳴り散らしてみる?
笑う?開き直って寝転がる?
どんなふうに過ごしても、1時間。どう過ごすのか、あなたが選べます。
大きな事はまだ決められなくても、小さな事は決定できます。
流れや天候はコントロールできないけれど、
どんなふうに過ごすのかはあなたが選べるのです。
「こうしなくちゃダメだ」「こんなだから自分はダメなんだ」など、
判断の必要はありません。
あなたは自由です。
(ただし、こうしたらこうなるという因果応報は避けられません。
ナイフで自分を切れば傷付きます。そこらへん、お気をつけて)

 

☆本当にしたい事って何ですか?

あなたが今、本当にしたい事って何ですか。
「こうなりたい」「○○だったらいいなあ」
いえいえ、夢や希望じゃなく、『今、一番したい事』です。
「あれだ」と思ったら、さあ、さっそくやってみてください。
やってみて「なんか違う」と思ったら、また探しましょう。
多分、大きな事ではなく、「こんな事?!」と驚くような小さな事です。

 

☆努力の方向

これまで、努力に努力を重ねてきましたよね。
今、急に時間が空いて、何をしたらいいのかわからない。
何もせずにいる事が苦痛でたまらない。

「今までの努力」の時期は終わったんです。
「新しい努力」の道に入りました。今までと同じやり方ではうまくいきません。
違うやり方を選ぶ必要があります。
人はどうしても楽な方へ流れます。そう、今までと同じ道へ。
だって、その方が簡単だからです。
新しい道を選び、その道を進むには、大きな不安と恐怖が起こります。
立ち向かうには勇気をふり絞らなければならないでしょう。
それこそが努力です。
これを何回か繰り返すと、あなたはこう思うでしょう。
「今までの方が楽だった!」

前のページへHOME次のページへ

inserted by FC2 system