HOME >セッション > サラウンドライト

☆ サラウンドライト ☆

直観医療。視覚付きエネルギーセッション。
エネルギーブロック(滞りや障害など)を視認し、整理します。トラウマ、精神的心理的な傷、ひっかかっている事物、説明できない負の感情など。
あなたの守護者(守護霊やハイアーセルフ、天界人など)が一緒に手伝ってくれます。あなたは守護者たちに囲まれ、全員から良い波動を贈られます。この時、光に囲まれているようになるので、サラウンドライトと名付けました。
直観医療のほとんどは対面や電話などで直にお話しし、原因究明を深めるお手伝いとなります。当ルームでは、手術のように会話なしで施行します。結果内容はすべて報告します。
「特にこれといった深刻なものはないんだけど」という人も、健康診断や予防接種のように気軽に受けていただく事ができます。


対象例

・・・明確な理由は特にないが・・・
体調が良くない・落ち込んでいる・気が重い・パワーが出ない
「何がどうという事はないんだけど、なんだかね」
「どっかから、元気のパワーをもらえないかしら?」

・・・原因不明の夜泣きが続く子供・・・
・・・自家中毒をおこしやすい子供・・・

・・・「なんとなく」「どうしてだか」の感情・・・
「なんとなくイライラする」
「どうしてだか、悲しい」
「特に言うほどの事はないんだけど、ひっかかってる感情がある」

・・・原因不明の身体異常・・・
「病院に行くほどじゃないんだけど」
「病院では異常なしと言われた」

・・・動物に・・・
「病院には通っているんだけど、他に何かしてあげられたら」
「病院に何もできないと言われたけど、なにかしてあげたい」

・・・亡くなった方や亡くなった動物に・・・
「成仏したんだろうか?」「今も苦しんでいないだろうか?」

・・・エネルギー体をきれいにしたい・・・
身体の手入れと同じように、エネルギー体も整理したい。
「毎月1回、定期で」「半年毎に」
「家族や友人へのプレゼントとして」


実際にはどんなカンジ?

あなたのエネルギー体から可能な限り不要なものを除去します。その後、良い波動を贈ります。
このヒ−リングにはいろいろ種類がありますが、セラピールームくすくすでは、あなたの幸せを願っているものすべてのエネルギーを合わせます。
その波動は、あなたのエネルギー体から実体へ、ゆっくり影響していきます。

セッション時間は普通に過ごしてもかまいませんが、「何かを感じ取ってみたい」と思われた人は、座るか横になるなどリラックスした状態でお過ごしください。せっかくですから、こちらをおすすめします。*詳細は「セッションQ&A」にあります。

離れた場所でこんな事が行われています。
受ける人のエネルギー体をチェック。まずは全身の外側、次に内側全体、そして内側各部位。視認した内容に沿い、対応は様々。内側各部位を光でプロテクト。全身を光で満たし、波動を贈ります。内側からの光を外側の守護者たちの光とつなげます。
こちらで視えるエネルギー体は、勝手に取り払っても良いもの、現在のあなたに知らせても良いものだけです。

受けている側は、個人差がありますが、しびれや暖かさ(エネルギーの流れ)、空気の動き(エネルギー体の変化)などを感じる事があります。

2〜3日以内に終了報告メールを送信します。視えたものはすべてお伝えします。何が視えるかは、人によってかなり違います。

*ヒ−リング中、エネルギーが通過しにくい部分に痛みが出る事が稀にあります。それだけの反応があなたに起こっているとお考えください。


ご了承ください

☆何がどうなるかはやってみなければわかりません。その時、その人にとって一番大事な事が優先されます。

☆余分なエネルギーを払うだけですから、不要・不浄なエネルギーを、すべて追い出すわけではありません。

☆すっきりきれいになりたい場合や、あまりに重いエネルギー(強いストレスやトラウマなど)をお持ちの人は、連続7日間をおすすめします。それを行ったとしても、生きていく限り、なんらかの不要・不浄なエネルギーは新たにくっついたり発生したりしていきます。これまでの総清算として、お申し込みください。

☆亡くなった人や亡くなった動物に行う時は、その霊を追うのではなく、魂の存在を追います。ですから、「成仏しています」とか「すでに転生しています」とか、そういうことが必ずわかるわけではありません。何もわからないまま終わるかもしれません。
どんな状態にある魂でも、守護者が必ずついているそうです。良い波動が自分に贈られたのは、あなたが依頼したからだと知れば、その魂が幸せを感じる事は間違いありません。たとえ、すでに天国で幸せに暮らしていたとしても、幸せはどれだけ感じてもいいものです。転生していて辛い人生を送っていたとしても、魂はあなたからの贈り物を喜ぶでしょう。たとえ、『本人』は感じなくとも、魂は知る事ができるそうです。

☆どんな守護者がどれだけいるのかを確認するものではありません。こちらは仕事に専念しますので、守護者の一人一人を認識している時間はありません。光の集合体としてスルーしています。


守護者について

守護者たちはいついかなる時でも、あなたに良い波動を贈り続けています。普段、それを感じる事はありませんよね。どちらかと言えば、「守護霊なんて本当にいるの? いるんだったら、どうして私たちを守ってくれないの?」ってカンジですよね。
守護者は水のような存在です。水が私達に特別な何かをしてくれることはありません。しかし、確実に水無しでは生きてはいけないのです。水は「感謝をしろ」「お礼をしろ」と言う事もなく、こちらに何かを要求してくることもありません。「あなたは悪い人だから、もう知らない」とそっぽを向く事もありません。
守護者たちは、あなたが気付かなくても知らない間に導いていたり、「私達がついてますよ。あなたは一人じゃありませんよ」とサインを送っていたりします。

「守護者」を簡単に言うと、人生の旅を歩んでいく仲間でありガイドです。「そっちの道よりこっちの道がいい」とか「ここらで休憩を」とか、適切な提案をくれます。決定権はあなたにあります。このサインを感じ取れたら、素晴らしいと思いませんか。

守護者たちの波動に当ルームが参加し、「何月何日、何時何分から行いますよ」とあなたに知らせ意識づける事で、あなたは守護者たちの何かを感じ取る可能性が高まります。守護者たちはあなたのために、私を参加させてくれるのです。

HOME >セッション > サラウンドライト

 

inserted by FC2 system