ログイン

ガイドブック視力編

< 視る >

クレアボヤンス(透視、千里眼)、霊視、
リモート・ビューイング(遠隔視)など、
どこのどの器官を使って何を視るのかで名称は変わってきます。
(これはまだ科学では解明されておらず、分類もバラバラです)
ここでは、「視る・知覚する」に焦点をあてます。


ここに来たほとんどの人が、子供の頃から気が付けば
そんな特技を持っていたと言うでしょう。
この世では必要ないので無視した。
視えたまま、あるいは感じ取ったままに人に話してしまい、
変な目で見られ、言葉で脅され、封印してしまった人もいるでしょう。
「なんとなくそこに何かある。そう感じる」 と思っても、
それをどうしていいかわからず、
知らないフリ視えないフリを続け、
それがもう当たり前になっている人もいますよね。
あるいは、はっきりと見えるのにどうしていいかわからず、
「よそへ行ってくれ!自分にはどうしようもないんだ!」と
叫んだ人もいるでしょう。


もし、正しく使えたなら。。。
もし、本当に「特技」として使えたなら。。。


練習とポイントを挙げています。
訓練のガイドブックとして、ご利用ください。
3万2400円(税込み)です。


ガイドブックに沿って進んだ場合のQ&Aはいつでも受付けます。
例)・この場合はどうしたら?
・他にどのようなやり方があるのか?
・この現象はどう解釈すれば良いのか


聴力編と重なる部分があります。
同時お申込の場合、二つで4万3200円(税込み)です。


パスワード希望の人は、下の注意事項を読まれた上で
ガイドブック専用申し込みメールフォーム」より、お申込ください。


点点点 注意 点点点

☆この先、時代の流れによっては本または小冊子で
適正価格にて販売する可能性があります。

☆ネット上のものですから、保存は自己責任において印刷などでどうぞ。
・当方、個人契約または企業契約がメインの業務です。
一人でも多くの方にお気軽にご利用いただきたいと
サービスでネット営業を展開しております。
この先、セッションの受付を終結したり、
サイト自体を消去する可能性があります。
・料金を抑えるため無料サーバーを利用しています。
サーバー側の都合により、突然、サイトが消える可能性はあります。

☆修正や加筆をする可能性があります。

☆ガイドブック聴力編と重なる部分があります。

戻る

inserted by FC2 system